Homeコラム一覧>第97回コラム 歯ぎしり1 -上下顎歯列接触癖(TCH)-

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第97回
歯ぎしり1 -上下顎歯列接触癖(TCH)-

歯ぎしりの発生率は小児10〜20%、成人5〜8%、高齢者2〜3%といわれています。これは、患者さんやご家族の自己申告による発生率で、実際はかなり多くの方々が歯ぎしりをしていると考えられています。従来、歯ぎしりは夜間就寝時に発生する事が多く、本人の自覚がなくご家族やベットパートナーから指摘される。朝起きたときに顎がだるい、顎が開きにくい、痛い、顎の関節に異音がするといった症状が出るなどの自覚症状。または歯科検診等で歯が広範囲にすり減っているのを指摘されて歯科医院に受診されることが多いようです。

本来上下の歯が接触するのは食事の時が主で、それ以外の時は上下の歯は接触していません。食事以外の時は、安静位空隙という数ミリの隙間が上と下の歯の間に介在し、歯と歯の根の周囲の骨、歯の根と骨の間の歯根膜を保護しています。
最近、夜間就寝時以外の日中に「食いしばる」「上下の歯をすり合わせる」「噛みしめる」などの上下顎歯列接触癖(TCH)という病態が報告されています。いわゆる起きている間の無意識の噛みしめといわれる状態で、長期間歯に過重がかかりすぎると歯がすり減る、歯が割れるなどの症状を引き起こし、ひどい場合は歯の根が折れてしまい抜歯せざるを得なくなるのです。心当たりのある人は歯科医師と相談して、マウスピースを作るなど対策を練ることが必要です。


フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.