Homeコラム一覧>第89回コラム 歯周病と虫歯治療のNews and Topics 30(歯の神経治療後の根の破折)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第89回
歯周病と虫歯治療のNews and Topics 30(歯の神経治療後の根の破折)

歯が「折れる」「割れる」という状態は強い外力が歯に加わった時に起こります。転倒による顔面強打、事故による顔面外傷、スポーツによる頭頚部外傷等が一般的です。その他には、歯の表面に目に見えないヒビが入ってしまい、硬い煎餅や菓子、骨付き肉を食べた際にそのヒビが大きくなり歯が割れる、欠ける場合があります。習慣的な噛みしめ、食いしばりが強いため歯が割れる場合もあります。
むし歯がひどくなり、歯の神経までむし歯菌が侵入し、痛みが強く歯の神経を取る(神経治療、根管治療)歯の根の治療を行った歯は、歯が脆くなります。そのため、咬み合わせの力に耐えられなくなり、歯の根が折れることもあるのです。

写真は、歯の神経治療をした方の歯の根が割れる前と、縦方向に二つに割れてしまった破折前後のX線写真です。根が割れる前の根の中心に見える縦長の白い像は、根の治療の最後に入れる薬剤で、X線写真に写りやすい造影剤が付与された薬剤です。根が縦に割れてしまうと、破折した根は抜歯しなければなりません。抜歯せずに放置していると、自らの身体の一部であったはずの割れた根を、身体の外に押し出そうとする異物排除機転がおこります。生体の免疫反応が発動すると考えられています。きれいに押し出される方もいれば、途中で歯肉が腫れてしまい手術しなければ除去できなくなる場合等千差万別です。
日頃から歯科医院での定期検診やフッ素を使用した予防処置等を行えば、歯の根の神経治療をする可能性はかなり小さくなります。むし歯になってからでは遅いのです。むし歯になる前に、定期的な予防処置を行う習慣が必要です。


フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.