フィルミーホワイトエッセンスのモバイルサイトになります
フィルミーホワイトエッセンス
院長から皆様へ

歯を守る効果的な予防法

先進国の中には水道水や食塩にフッ素を添加し、フッ素錠剤の服用や、ミルクにもフッ素を添加して自然に体内から歯に取り込まれる予防プログラムを行っている国が存在します。その延長線上にキシリトールのガムやキシリトールの飴を使用してムシ歯リスクをさらに低減してもいるのです。積極的にフッ素を多数有効利用して歯質の強化をはかることでムシ歯予防を行い、医療費の抑制を行っています。日本のように国家的なフッ素プログラムがない中でコマーシャルに流されて単発にキシリトールのガムや飴を使用しても、残念ながらその効果はわずかなのです。キシリトールだけでムシ歯の発生を抑制させるためには高濃度のキシリトールが必要で、キシリトールのみのムシ歯阻止有効濃度では下痢等の副作用が発現します。
 保険治療ではムシ歯の多いお子さんへ(う蝕多発者と区分されます)のフッ素塗布等は認められていますが、予防のフッ素は保険が使えませんので自費料金になります。また保険のフッ素は回数が規定されているためムシ歯の発生を食い止めることが難しいのです。当院での予防のフッ素塗布は皆様が思っているほど多額の費用は発生しません。お子さんが将来ムシ歯や歯周病になり歯科医院で時間とお金をかけることを考えれば低額の予防処置の費用で歯と歯肉を守ることができるのです。そして、お子さんの口腔内とライフスタイルに合わせたオーダーメイドのフッ素予防プログラムを利用することも可能です。フッ素の種類や効能はPCホームページ内の「歯のまめ知識 コラム」をお読みください。
 成人の方へのフッ素塗布の有効性も調査研究が発表されています。大人の方も治療が終わったからと安心せずに、ぜひ定期的な検査とケアを受けてください。そして皆様のお子様やお孫さんに、治療の苦痛と苦労を経験させないようフッ素塗布予防プログラムを受ける機会を与えてあげて下さい。


噛む事は脳を活性化する
皆さんのお口の中は?
なぜ歯がなくなるのでしょう
歯を守る効果的な予防法
成人の予防法の選択肢として

診療項目

当歯科での、保険治療・歯周病治療・審美歯科・ホワイトニング・小児歯科・予防歯科・床矯正・矯正をご覧下さい。
保険診療は保険証に記載されている1割〜3割の自己負担になります。初めて来院される方、再診の方は月の初めに保険証の提示をお願いします。医療証をお持ちの方も提示下さい。


保険治療(一般歯科)
審美治療
ホワイトニング
小児歯科
矯正歯科

治療費について


コンテンツメニュー

HOME
アクセス・マップ
診療時間について
ご予約・お問合せ
休日・夜間に歯が痛んだら(休日急患診療所)

copyright(c)AIC