フィルミーホワイトエッセンスのモバイルサイトになります
フィルミーホワイトエッセンス
院長から皆様へ

なぜ歯がなくなるのでしょう

日本以外の先進国では歯医者さんの利用のしかたが日本と大きく異なります。日本では歯科健診でムシ歯が見つかるか、詰め物が外れるか、痛くならないと歯医者さんには行きません。ところが他の先進国では普段から定期的に歯医者さんに通い、フッ素で歯質を強化することを柱にムシ歯予防を行っています。新たにムシ歯ができていないか、経過観察中のムシ歯は治療が必要な段階まで進行していないかの確認のために歯医者さんを受診するのです。歯周病についても同様で、定期的に歯科に通って自分なりの歯磨きでは落ちない歯垢(細菌の塊)歯石を歯科衛生士さんにとってもらうなどの処置をうけます。歯周病による口臭は他の人が気づいても本人にはわかりません。歯周病の原因となる細菌と歯石を除去しなければ根本的に臭いは減少しないのです。そのため他人だけでなく恋人と家族にも不快感を与えたくないという口臭エチケットの概念が強くあるのです。
日本人はどうして年をとると、歯がなくなるのでしょうか?日本では計画的なムシ歯予防を行わないために簡単にムシ歯が発生するのです。一度ムシ歯になり削った歯は元通りにはなりません。何年かすると治療した歯がまたムシ歯になり、これを何回か繰り返した末、歯の神経治療を行い、歯が割れて抜歯になり歯を失う経過をたどることが多いように思われます。ムシ歯以外に歯がなくなる原因は歯周病です。歯周病原菌は歯の周囲の骨と歯肉組織の神経を麻痺させる毒素をだします。そのため歯周病は痛くなく進行し、歯の根の周囲の骨や歯肉を破壊して最悪の場合、自然に歯が抜け落ちてしまうのです。
お口の中の環境はとても厳しく、歯は常に様々な刺激にさらされています。80度のお茶が入ってくる、アイスクリーム等の冷たい食品、激辛ラーメン等の辛い食品、酸性やアルカリ性の飲料や食品がお口の中に入り、さらに歯に咬む力(80-100kg)が加わります。このような刺激に耐えられる変質しない生体組織などあるでしょうか?
このような状況から歯を守るには、フッ素を定期的に歯に塗布し歯質を強化すること、ムシ歯菌と歯周病菌から歯と歯肉を守るための定期的なケアが必要なのです。


噛む事は脳を活性化する
皆さんのお口の中は?
なぜ歯がなくなるのでしょう
歯を守る効果的な予防法
成人の予防法の選択肢として

診療項目

当歯科での、保険治療・歯周病治療・審美歯科・ホワイトニング・小児歯科・予防歯科・床矯正・矯正をご覧下さい。
保険診療は保険証に記載されている1割〜3割の自己負担になります。初めて来院される方、再診の方は月の初めに保険証の提示をお願いします。医療証をお持ちの方も提示下さい。


保険治療(一般歯科)
審美治療
ホワイトニング
小児歯科
矯正歯科

治療費について


コンテンツメニュー

HOME
アクセス・マップ
診療時間について
ご予約・お問合せ
休日・夜間に歯が痛んだら(休日急患診療所)

copyright(c)AIC